ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もありがとう!そして・・・

2010.12.31
今年も残りあとわずかとなりました。

この「PARK」も5周年を迎え、かえるちゃんとかぱちゃん、そしてフモタウンののみんな、ホワイトローズとゆかいな仲間たちも、一段と磨きがかかったような気がします。

2212311


それも、読者の皆様からの心温まるコメントや励ましのお陰だと思います。

それまで是非「PARK」を応援してください。

それから、少し気になるのがホワイトローズのソルティさんです。

2212312


最近あまり元気がないみたいだし、年末のコンサート出番間近で過労と風邪で倒れてしまったりと、ここのところ様子が変ですね。

うたちゃん、トラーラ、けろくもはソルティのことが気になっているようです。

これからのお話で、何か進展があるかもしれません。

今後のソルティさんの様子を温かく見守って下さい。


最後に「今年最もフモタウンで活躍したフモ2010」MFAF賞の発表がありました。

大賞は事故に遭いながらももくもくちゃんを温かく受け止めたモッキーさん。

そして、新フモ賞はその事故でモッキーをやさしく助けたししもさんに決まりました。


2212313


モッキー、おめでとう!!

そして、大事なお知らせがあります。

このPARKも5年以上も続けてこられたのは、訪問してくださった方々のお陰です。

まさかこんなに続くとは思ってもみませんでした。

最初は、ちょっとした息抜きのつもりが定期的にUPするようになり、お話しも本格化してきました。

私が作ったお話で印象に残ったものは、数多くあります。

でも、そろそろネタギレという壁にぶち当たり、スランプ状態に陥ってしまいました。

いつも楽しみに読んでいただいている方々には、心苦しいのですがしばらくの間ネタができるまでPARKをお休みさせていただくことになりました。


いつになるかわかりませんが、いつかまた皆様に楽しんでいただけるようなお話をUPできるようになったら、復活すると思いますのでしばらくの間お待ちいただくことをご了承ください。

よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

冬至

2010.12.21
今日は冬至です。

かえるちゃん、かっぱちゃんは『タ・ベール』の仕事を終わらせ、かえるちゃんとかっぱちゃんは夕飯の支度をし
ていました。

2212211


かっぱ「うわー、おいしそうなカボチャだね。」

かえる「でしょ?今日、ぱおちゃんのお店で買ってきたんだ。」

かっぱ「ホクホクしてそうだね。」

かえる「今日は冬至だから、カボチャを食べるんだよ。」

かっぱ「冬至って、一年で一番夜が長いとかいう・・。」

かえる「そうそう。」

かっぱ「でも、どうして当時にカボチャを食べるのかな?」

かえる「確か、当時にかぼちゃを食べると風邪をひかないっていう言い伝えがあるみたいだけど。」

2212212


かっぱ「へぇ、それじゃたくさん食べれば絶対風邪をひかないだろうから、たくさん食べよう。」

かえる「ちょっと違うと思うけど・・・。まあいいや。さぁ、準備ができたから早く食べよう。」

かっぱ「いただきまーす。」

かえる「どう?」

かっぱ「うーん、おいしい!」

かえる「このカボチャは、テルテルちゃんの畑でできたみたいだよ。」

かっぱ「やっぱり・・・。この甘みはいいねぇ。」

かえるちゃんとかっぱちゃんは『タ・ベール』での出来事や世間話をしながら楽しく夕飯を食べました。

2212213


かっぱ「僕も・・。ごちそうさま。」

かえるちゃんとかっぱちゃんは、仲良く食器の片付けをしました。

かえる「そうだ。今日のお風呂はゆず湯だ。」

かっぱ「ゆず湯?」

かえる「そのゆず湯も、冬至に入ると風邪をひかないと言われていいるんだよ。」

かっぱ「なるほどねぇ。」

2212214


そして、かえるちゃんとかっぱちゃんは休憩をした後、仲良くゆず湯に入り、心も身体も温まりました。



スカイポリスのししもさん

2010.12.10
モクモクちゃんの不注意で、モッキーちゃんがモクモクちゃんの背中から落下した時に助けてくれたスカイポリスのししもさんが、フモタウンへパトロールへやってきました。

ししも「この町は平和そうだなぁ。」

そこへかっぱちゃんとモッキーちゃんが『タ・ベール』へ向かって歩いていました。

2212101


モッキー「あれ?この前、僕を助けてくれたししもさんだ。」

かっぱ「今、モッキーちゃんが話してくれたフモさん?」

モッキー「そうそう。こんにちはー!ししもさーん。」

モッキーはパトロール中のししもさんに声をかけました。

ししも「あれ?君はこの前の・・・。」

モッキー「この前は色々とありがとうございました。」

ししも「君は運がよかったよ。ところで、モクモクさんはどうしているのかな?」

モッキー「やっぱり、少し疲れているようなので、2~3日休んでもらうことにしました。」

2212102


ししも「そうかぁ。早く元気になるといいね。」

かっぱ「あのぉ・・。スカイポリスってどんなことをするんですか?」

ししも「最近できた組織なんだよ。ここのところ空でモクモクさんたちのトラブルが多発していて、普通のおまわりさんだけでは手に負えなくなってきたので、モクモクさんたち専門の見回りをする部隊ができたんだよ。」

かっぱ「すごいなぁ。」

ししも「以前はこんなにトラブルが多くなかったのに・・。」

モッキー「そう言えば、もくもくちゃんと空へ行くとき、以前よりモクモクちゃんで出かけるフモさんが多くなってきたような気がするなぁ。」

ししも「そうだねぇ、これからどうするか対策を考えないと・・。」

モッキー「あーっ、急がなくちゃ。」

かっぱ「本当だ!」

ししも「君たち、どこかへ行く途中なの?」

モッキー「はい。『タ・ベール』というパン屋さんに仕事をしに・・。」

ししも「君たちはそこの従業員だったんだね。あの店のパンとケーキはおいしいね。いつも食べているよ。店長さんによろしく伝えてね。それじゃ・・・。」

2212103


ししもさんは、モクモクちゃんと共に空へ飛んで行きました。

かっぱ「あのししもさんって、かっこいいなぁ。」

モッキー「僕もそう思う。さぁ、早く行こう。」

かっぱ「うん、あ、時間がない・・・。」

かっぱちゃんとモッキーは走って『タ・ベール』へ向かいました。



モッキー事故に遭う?!

2010.12.07
12月ということもあって、フモタウンだけではなく、フモフモアイランドの住民は大忙し。

そんな中、モッキーは『タ・ベール』のパンをマシュマロタウンに急いで届けなければならないということで、モ
クモクちゃんに乗っていくことになりました。

モッキー「モクモクちゃん、忙しいところ急がせて悪いね。マシュマロタウンで大きなパーティがあって、その時にしまちゃんのパンを出すことになったんだって。」

2212071


モクモク「へぇ、さすがしまちゃんだね。マシュマロタウンにまでしまちゃんの店が有名なんだね。」

モッキー「モクモクちゃん、ここのところずっと忙しくて寝ていないんじゃないの?」

モクモク「そうだね。でも大丈夫。心配しないで。」

モッキー「あまり無理をしないでね。」

モクモク「ありがとう。」

モッキーとモクモクちゃんは後もう少しというところで、モク渋滞に巻き込まれてしまいました。

2212072


モクモク「混んでいるね。やっぱり年末は大変だよ。」

モッキー「困ったなぁ。約束の時間まで少ししかないや。」

しばらくしてモクモクちゃんは返事をしませんでした。

モッキー「あ、やっと動いた。」

モクモク「モクモクちゃん?」

モクモクちゃんは、前にいた別のモクモクちゃんにぶつかってしまいました。

2212073


その勢いでモッキーはモクモクちゃんの背中から補織り出されてしまいました。

モッキー「うわぁー。助けてぇ~。」

モクモクちゃんはびっくりして、急いでモッキーを助けようとしましたが間に合いません。

モクモク「モッキーちゃーん!」

すると、どこからか、落下したモッキーを助けてくれるフモさんが現れました。

ししも「ケガはないかな?」

モッキー「え・・・・、あ、大丈夫みたいです。」

2212074


ししも「私はスカイポリスのししも。今日はいつも以上にモクモク渋滞があるというので駆けつけたんだ。ケガがなくてよかった。」

モッキー「ありがとうございます。」

そこへ、モクモクちゃんが急いでやってきました。

モクモク「大丈夫?」

モッキー「うん。このスカイポリスのししもさんが、助けてくれたんだよ。」

ししも「君がこのフモさんを乗せたモクモクさん?」

モクモク「ごめんなさい。居眠りをしてしまったみたいで。」

ししも「一歩間違ったらとても危険だったよ。気をつけてね。」

モクモク「はい。反省しています。モッキー、ごめんね。」

モッキー「猛大丈夫だよ。気にしないで・・。」

ししも「モクモクさんは疲れているみたいだから、休んだ方がいいね。モッキーさんは私が目的地まで送ってあげよう。」

モクモクちゃんは帰り、モッキーはししもと共に目的地へ向かいました。


すごーい焼きもち??

2010.11.30
毎年、秋の恒例行事のお芝居も無事に終わり、フモタウン商店街のみんなはホッとしているところでした。

来月から『タ・ベール』はクリスマスの準備で忙しくなるので『タ・ベール』は今年最後の定休日。

かえるちゃんとかっぱちゃんは、のんびりと家で過ごしていました。

かっぱ「かえるちゃん、さっきから機嫌が悪そうだけどどうかしたの?」

かえる「この前のお芝居(2010.11.24記事参照)で、どうしてクッキーとモモちゃんが結婚するという役をやってるの?!」

2211301


かっぱ「そんなことで機嫌が悪いの?」

かえる「僕がその役をやりたかったのに・・。」

かっぱ「やればよかったのに・・。」

かえる「でも・・・。」

かっぱ「あ、そうか?!もし、その役が回ってきたとしてもモモちゃんの前だったら、絶対に演技なんてできないと思うよ。」

かえる「演技だったらできるよ!」

かっぱ「さぁ、どうかなぁ。」

そこへ、ピーンポーンと玄関のチャイムが鳴りました。

かっぱ「はーい。クッキーとモッキーかな?」

かえるちゃんは少しムッとしています。

かっぱ「かえるちゃんったら・・。」

かっぱちゃんは、クッキーとモッキーを出迎えに行きました。

2211302


クッキー「やぁ、元気かい!」

モッキー「やぁ、かえるちゃん。今日はおいしいデザートと毎年恒例のクスリを持ってきたよ。」

その時です・・・。

かえるちゃんがスーッと前へ倒れてしまいました。

2211303


かっぱ「かえるちゃーん、しっかり!」

モッキー「もしかしたら・・・。」

クッキー「?」

かっぱ「あ、もしかして。」

モッキー「今日、僕がこのクスリを持ってきて良かったよ。」

かっぱ「かえるちゃんに早く飲ませてあげないと。」

モッキーが持ってきたクスリをかっぱちゃんが、かえるちゃんに飲ませてあげました。

クッキー「今日はかえるちゃんの機嫌が悪いって聞いていたんだけど。具合でも悪かったのかな?」

かっぱ「あ・・・。うん、そうかもね。」

モッキー「そっか。それじゃ、かえるちゃんは今日一日ゆっくり休ませてあげようね。このクスリで冬眠しなくて済むんだ。」

2211304


かっぱ「毎年思うんだけど、とにかくすごいクスリだよ。」

クッキー「かえるちゃん・・・。」

モッキー「せっかくデザートを持ってきたんだから、早く食べよう。」

かっぱ「今、飲み物を用意するよ。そうそう、かえるちゃんの分をとっておいてね。」

モッキー「もちろんさ!」

かっぱちゃんは、寝ているかえるちゃんにそっと布団を掛け、モッキーとクッキーと一緒にプチお茶会をしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。