ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトさんの熱意

2008.09.16
今回のお話も、かえるちゃんたちがエリートさんのコンサートに出かけているので、出かける前にあった出来事ののお話しです。

------------------

今日はフモタウン商店街のみんなが町の公民館に集まっています。
一体どうしたのでしょうか?

2009161


けろ「ホワイト町長さんから商店街について大事な話があるって言ってたけど、何だろうね?」

ぱお「うーん、何だろう?」

モモ「あ、お姉さんだわ。」

みんなの前にやってきたのはホワイト町長の秘書、チョコちゃんでした。

2009162

チョコ「みなさん、こんにちは。ホワイト町長の秘書、チョコと申します。よろしくお願いします。このたびはフモタウン商店街の区画整備についてのお話をすることになりました。詳しくはホワイト町長からご説明させていただきます。それでは、町長、お願い致します。」

みぃ「くかくせいり?」

ベリー「店はどうなるんだ?」

ホワイト「はい、みなさん。こんにちは。町長のホワイトです。突然のことで驚かれたことと思います。これは、この町をもっと住みやすくするためと、もっと活気のある町にしようということで町を整備することになりました。それには、商店街のみなさんのご協力が必要となりました。まず、店舗の改装をしようと思います。実は、モカさんのお店には承諾を頂き、新しい店舗の改装を始めています。次に『タ・ベール』さんにも承諾を頂きました。順次改装をする予定です。」

みんなはびっくり!

モッチー「えー、モカちゃんそうだったの?」

2009163


モカ「うん。色々考えたんだけど話を聞いているうちにフモタウンの為なら、と思ってお店に改装をすることにしたの。」

みぃ「改装をしている間は、モカちゃんはどうしているの?」

モカ「その間だけ、私は田舎に帰ろうと思うの。でも改装はそんなに長くないみたいだから。」

モモ「でも寂しくなるわね。」

モカ「私の田舎はそんなに遠くないので、いつでも会えるわ。」

ホワイト「フモタウンのためにも、是非ご協力をお願い致します。」

かえる「しまちゃんが言ってたことって、このことだったんだね。」

かっぱ「でも、商店街がきれいになるんだったらいいんじゃない?」

クッキー「うん。楽しみだな。どうなるんだろう。」

チョコ「それでは、ご質問等がないようですので、これで終わりに致します。皆様ありがとうございました。」

モモ「町がきれいになるのなら、私のお店も協力しようかしら?」

商店街のみんなはフモタウンが大好き。

町がきれいになるのなら・・と思ったのか、ほとんどのお店が協力することになりました。

しま「なんだか忙しくなりそうだね。さぁ、今日から改装の準備をするぞ!」

かっぱ「『タ・ベール』はもう少し先でしょ?まだ早いんじゃない?」

しま「今からアイデアを考えないと・・・改装後のオープニングにはどんなケーキでも作ろうかな?なんだか、ワクワク・・色々考えすぎて寝られないよ。」

モッキー「あーあ、こりゃダメだ。さ、帰ろう。」


みんなは、それぞれの店に帰っていきました。
新しく生まれ変わるフモタウン商店街。どんな町になるのでしょうか?楽しみですね。



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

フモタウンの商店街が新しく生まれ変わってしまうなんてスゴイ!楽しみです。

区画整理というと、住民の反対にあって頓挫、というのが人間の世界ではよくありますが、フモタウンではいい街づくりのためにみんな協力するのですね。生まれ変わった町がどうなるか、ほんとに楽しみです。オープン記念の商品なども売りにだされそうですね。

区画整理・・・ 消えちゃうお店もあるのかな?
どうなるんだろう。。。

夫婦ともかっぱさんへ
夫婦ともかっぱさんがおっしゃるとおり、区画整理というのは住民の理解があってのものですね。
でも、フモタウンのみんなは、たくさんのフモフモさんたちが商店街に来て欲しいという願いが
あるようです。
どんな街になるのか・・お楽しみに!

かめぬいさんへ
ホワイト町長さんは、お店を消すようなことは無情なフモさんでは
ないので安心してください!(^^)/
きっといい町にしてくれると思いますよ。

ニコニコさんへ
あれ?コメントがきちんとはいっていませんでしたね・・
すみません。
フモタウン商店街が、きれいに?生まれ変わるようですね。
楽しみにしてくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。