ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいプレゼント

2009.02.15
朝からなんだかうたちゃんの様子がヘンです。

2102151


うた「ソルティさん、けろくもさん、ちょっと行きたいとことがあるの。行ってきていいかしら?」

ソルティ「どこに行くの?」

うた「え・・あの・・。お買い物。」

けろくも「何を買うの?」

うた「それは・・。」

ソルティ「うたちゃんらしくないなぁ。遠慮しないで言ってよ。一緒に行ってあげるから。」

うた「ありがとう。ソルティさんとけろくもさんは、どこかで休んでいて。たいしたものではないの。急いで行って来るから。」

けろくも「うたちゃんが、そう言うならそうしようか?」

ソルティ「うたちゃんだけで大丈夫?」

うた「大丈夫よ。」

ソルティたちは、繁華街に到着。何がなんだかわからないまま、ソルティとけろくもは喫茶店で待っていることにしました。

2102152


うた「それじゃ、行ってくるからね。すぐに戻るわ。」

ソルティ「行ってらっしゃい!」

うたちゃんは、急いで買い物へ出かけていきました。

けろくも「ソルティ、うたちゃんの買い物って何かな?」

ソルティ「うーん。何だろうね。とりあえず、店の中で待っていようよ。」

ソルティたちは、店の中で待っていることにしました。

一方うたちゃんは、あるものを探すためにウロウロキョロキョロ・・・

2102153


うた「何にしようかしら?ソルティさんとけろくもさん・・」

うたちゃんは、ソルティとけろくもに何かプレゼントをするつもりでした。

うた「あ、あれがいいわ。きっと喜んでくれるはずだわ。」

うたちゃんは、何を見つけたのでしょうか?

喫茶店で待っているソルティたちは、うたちゃんがなかなか戻ってこないのでイライラ、ソワソワ。

ソルティとけろくもは、待ちきれなくて喫茶店の外で待っているとうたちゃんが戻ってきました。

うた「遅くなってごめんなさい。」

ソルティ「いや、いいんだよ。たまにはうたちゃんだけで買い物とかしたいよね。」

けろくも「うたちゃん、ソルティは待ちきれなくてソワソワしていたよ。」

うた「あら?ごめんなさい。」

ソルティ「けろくも!余計なことを言わないように!!」

けろくも「えへへ。」

うた「そうそう、1日遅くなってしまったけど、いつもお世話になっているソルティさんとけろくもさんに、プレゼントを用意したの。」

2102154


ソルティ「プレゼント?」

けろくも「何だろう?」

うた「使ってもらえるとうれしいわ。」

ソルティ「ありがとう。」

けろくも「ありがとう!開けてみていい?」

うた「どうぞ。」

ソルティとけろくもは、袋を開けてみました。

ソルティ「うわ~。」

けろくも「やったぁ!」

うたちゃんからのプレゼントとは、マフラーでした。

ソルティ「これ、もらっていいの?」

2102155


うた「私が悪フモから助けてもらって、こうして楽しく旅ができるのもソルティさんとけろくもさんのお陰よ。本当にありがとう。」

ソルティ「僕の方こそ、助けられたことなんてたくさんあるのに・・。」

けろくも「そうそう。」

うた「これからもよろしくね。」

ソルティ「もちろん!さぁ、目標に向かって出発だ!」

けろくも「しゅっぱーつ!」







スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

うたちゃんの気持ちがギッシリ詰まったプレゼントですね。
ソルティさんとけろくもちゃん、良かったね。

ニコニコさんへ
昨年、ソルティさんたちがうたちゃんを悪フモから助けてあげてから、うたちゃんはソルティさんにいつも感謝をしていたようです。
やっと、ソルティさんとけろくもちゃんに感謝の気持ちを表すことができたようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。