ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かえるちゃんとかっぱちゃんの見た夢

2009.04.03
かえるちゃんとかっぱちゃんは、不思議なところへやってきました。

2104031


かえる「ここはどこかな?」

かっぱ「フモタウンじゃないみたいだけど・・。」

かえる「何か手がかりはないかな?」

かっぱ「少し歩いてみよう。」

かえるちゃんとかっぱちゃんは不安な気持ちでいっぱいでしたが、勇気を出して歩き出しました。

すると、今までに見たことがないような景色が目に入りました。

2104032


木「やぁ、こんにちは。」

かえる「うおー、木がしゃべった!」

かっぱ「きっきみは誰?」

木「僕は、桜の木だよ。君たちは?」

かっぱ「僕はかっぱ。」

かえる「僕はかえる。ここは、一体どこなの?」

木「ここは虹の町だよ。」

かっぱ「虹の町?」

かえる「そんな町、あったっけ?」

木「あははは・・・。君たちはこの町を知らないの?この町はたくさんのフモフモさんがいる町だよ。」

かっぱ「フモタウンみたい。」

かえる「でも、フモフモさんを全然見かけてないんだけど・・・。」

木「今日は、この町のうさ王子と隣町のリリー姫の結婚式があるんだ。町のみんなは、お城に行って祝福をしている頃だよ。」

かっぱ「すごい、僕たちも見に行っていいのかな?」

木「もちろんさ!ただし、この町の住民ではない君たちには、一つ守って欲しいことがあるんだ。」

かえる「何だろう?」

木「この町の住民に、絶対に声をかけてはいけないよ。」

かっぱ「どうして?」

木「外部の者が、この町の住民と話しをするとひどい災いがあるという言い伝えがあるんだ。」

かえる「えーっ?!」

木「そのことさえ守ってくれれば、お城へ行っても構わないよ。」

かっぱ「話しをしなきゃいいんだよね。それくらいなら守れるよ。」

かえる「お城はどっちへ行けばいいの?」

木「今、モクモクちゃんを呼んであげるから、乗せていってもらうといいよ。」

桜の木はモクモクちゃんを呼び、かえるちゃんとかっぱちゃんを乗せお城へ向かいました。

そして、かえるちゃんとかっぱちゃんはお城へ到着しました。

お城では、盛大な結婚式が行われていました。

2104033


かえる「すごーい。」

かっぱ「かわいいお姫様だね。」

かえる「本当だ。」

かっぱちゃんは、桜の木との約束をすっかり忘れてしまい、隣にいたフモフモさんに話しかけてしまい
ました。

かっぱ「あのリリー姫って、ずいぶんかわいいね。」

隣にいたフモフモさんは、かっぱちゃんに返事をしてしまいました。

すると、虹の町はたちまちすごい嵐に襲われてしまいました。

かえる「かっぱちゃーん、約束を破ったねー。」

かっぱ「わざとじゃないよー。助けてー。」

かえるちゃんとかっぱちゃんは、ものすごい風に吹き飛ばされてしまいました。

21040434


------------------------

かえる「助けてー。」

かっぱ「かえるちゃーん。」

かえるちゃんが、ハッと目を開けるとベットの上でした。

2104035


かえる「はぁ、何だ。夢だったのか・・。かっぱちゃん、起きて!」

かっぱ「助けてー・・。むにゃむにゃ。うー、あれ?かえるちゃん、大丈夫?」

かえる「かっぱちゃんも、夢をみていたの?もしかしてリリー姫が出てくる夢?」

かっぱ「え?かえるちゃんもその夢を見ていたの?最後は嵐になって・・・。」

かえる「同じだ!でも、夢でよかった。」

かっぱ「うん。どうなるかと思った。早く顔を洗ってスッキリさせよう。」

かえる「うん。」

なんと、かえるちゃんとかっぱちゃんは、全く同じ夢を見ていたようですね。




スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

かえるちゃんもかっぱちゃんも、かわいらしい夢を見ましたね。
でも、全く同じ夢を見るなんてスゴイ!

童話にでてきそうなお話しですね。
最後のオチがよかったです!

Re: タイトルなし

もんちゃんさんへ
> いつもいっしょにいると同じ夢をみるのでしょうかね・・・
> それだけ仲が良いということなのかもしれません。

Re: タイトルなし

実はこのお話の大筋は、娘に考えてもらいました。
ちょうど誕生日だったので、記念になるということで協力してもらいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。