ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル発生?!

2009.05.17
ホワイトローズさんがメジャーデビューしてから、順調に音楽活動が進められ、ホワイトローズさんたちに新曲の話しが持ち上がりました。

2105171


トラーラ「ソルティさん、うたさん、そろそろ新しい曲を出そうと思うんだけどどうかな?」

ソルティ「いいですね。」

うた「楽しみだわ。」

ソルティ「新しい曲のイメージは?」

トラーラ「それはまだヒミツなんだ。」

うた「ヒミツ?どうして・・。」

トラーラ「今回から、作詞・作曲は専門のフモさんに頼むことになっているから、できあがるまで楽しみにしていてくれないかな?」

ソルティ「え?僕等が曲や歌を作るんじゃないの?」

トラーラ「やっぱり、プロになったからにはきちんとした曲作りをしたいからね。今までのように遊び感覚で曲や歌を作ってもらう訳にはいかないんだよ。」

うた「でも、今まで作ってきた歌は決して遊び感覚なんかで作っていません。」

ソルティ「そうだ!僕たちが作った曲の何が悪いんですか!お客さんだって喜んでいましたよ!」

2105172


さすがのソルティも今まで作ってきた曲には思い入れがあったので、納得がいかないようでした。

トラーラ「私もあなた方の作った曲はすばらしいと思います。でも、新人のあなた方をもっと知ってもらうためには専門家に頼むのが一番かと・・。」

うた「ソルティ・・。」

ソルティ「・・・。」

トラーラ「そこが、プロとアマの違いなんだよ。もっと君たちが顔や名前も売れるようになったら、自分たちの曲を作ってみるといいよ。」

ソルティ「その専門家さん達は、本当に僕等のイメージをこわさないで歌を作ってくれるのかな?」

トラーラ「君たちが思うイメージと、専門家のイメージがどこまで一致するかは、曲ができてからじゃないと何とも言えないよ。」

ソルティ「わかりました。一つお願いがあります。」

トラーラ「何かな?」

ソルティ「専門家さんたちの曲をとりあえず作ってもらいましょう。そのかわり、僕等も一曲作らせてもらいます。そして、どの曲がフモさんたちに受け入れてもらえるか・・・。」

2105173


トラーラ「なるほど。面白いね。でも、僕だけでは判断できないから、社長のジャックに話してみるよ。」

うた「ソルティ、そんなことを言って大丈夫?」

ソルティ「今まで通り、曲や歌を作ればいいんだよ。」

けろくも「ソルティ、うたちゃん、僕も応援しているよ。きっといい曲が作れると思うよ。」

うた「それもそうね。がんばりましょう。」

トラーラ「今、ジャックに確認を取ってくるよ。」

しばらくして、トラーラが戻ってきました。

トラーラ「ジャックから、ソルティの案をOKしてもらったよ。ソルティ、うたちゃん、2週間後に曲を作ってきて。専門家さんたちにも同じように伝えておくね。」

ソルティ「わかりました!」

さて、専門家さん達の曲とソルティたちの曲のどちらが受け入れてもらえるでしょうか?






スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ソルティさんたちの曲を作る専門家とは、どんなフモさんなのかな?

もんちゃんさんへ
専門の作詞・作曲家というフモさんをまだ私も知りません。
どんなフモさんなのでしょか・・・。
それから、どんな曲を作るのでしょうか・・
謎が多いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。