ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しいプロの世界

2009.06.07
ソルティさんとうたちゃんは、新曲を出すことになりました。

その新曲は『夢に向かって・・・fumoの旅立ち』という曲です。

この曲は、専門の作詞家、作曲家によって作られた曲で、ソルティさんとうたちゃんにとって初めて
自分たち以外のフモさんが作った曲を歌うことになりました。

トラーラ「今日の仕事は、フモタウンテレビで新人が新曲を紹介する番組に出演するよ。」

2106071


ソルティ「テレビ出演?」

うた「ソルティ、良かったわね。」

トラーラ「でもね、ローカルなテレビ番組。しかも平日の午後3時からの10分で、あまり目立たない番組なんだ。」

ソルティ「それでも、誰か見てくれるはずだよ。」

うた「そうね。何時からのお仕事なのかしら?」

トラーラ「もう、今から出発だよ。」

けろくも「ソルティ、うたちゃん、10分番組でもテレビに出演できるなんてすごいよ。」

うた「そうね。」

トラーラ「さぁ、行くよ!」

トラーラ、ソルティ、うた、けろくもは、モクモクちゃんに乗って事務所からフモタウンテレビへ向かいまし
た。

2106072


テレビ局に到着したソルティとうたちゃんは、打ち合わせの後、早速番組の収録を始めました。

けろくも「トラーラさん、ソルティとうたちゃんは、本当に有名になれるのかな?」

トラーラ「どうして?」

けろくも「だって・・・。ソルティやうたちゃんみたいに才能があるのに10分番組しか出られないなんて・・。」

2106073


トラーラ「けろくもちゃん、それは間違いだよ。どんなに才能があっても、僕は下積み時代があった方が良いと思うよ。」

けろくも「下積み時代?」

トラーラ「そう。いきなり大きなステージでコンサートを開いても、魅力が出ないと思うよ。」

けろくも「でも、ソルティとうたちゃんは、旅をしてきてたくさん経験を積んできたよ。」

トラーラ「確かに彼らは旅をすることによって経験を積んできたと思うけど、音楽業界はデビューしたばかり。まだまだ、音楽業界としては経験を積んでいないと思うよ。」

けろくも「なるほどね。トラーラさんの言いたいことは何となくわかったような気がしてきたよ。」

トラーラ「プロになるというのは、それだけ大変なことなんだよ。」

けろくも「ソルティとうたちゃんは、今までと違った経験を積まないといけないんだね。」

トラーラ「早く言えばそうだね。でも、ソルティ、うたちゃんならがんばっていけるよ。」

けろくも「あ、収録が終わったみたい。」

ソルティとうたちゃんがスタジオから出てきました。

2106074


ソルティ「少し緊張したけど、楽しくできたよ。」

うた「そうね。私も、楽しませてもらったわ。」

トラーラ「仕事はうまくいったみたいだね。」

けろくも「ソルティ、うたちゃん、これからはどんな仕事でもがんばろうね。」

ソルティ「けろくも、今頃何を言っているの?僕たちは、どんな仕事でも頑張るつもりだよ。」

うた「そうよ。」

トラーラ「さぁ、次の仕事に行くよ。」

ソルティ・うた「はい!」

ソルティたちは、再びモクモクちゃんに乗って次の仕事へ向かいました。





スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

下積みがあってこそ、大きくなれるんですよね。
これから先が楽しみだぁ~♪

今はちょっと大変かもしれませんが、いつかきっとビッグチャンスがあると思います。
頑張ってね!

かめぬいさんへ
おっしゃるとおりです!!
ちょっと今は辛いかもしれないけど、下積み時代を乗り越えて欲しいですね。

ニコニコさんへ
励ましのお言葉、嬉しいです!
ホワイトローズに伝えておきますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。