ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休みの日に・・・

2009.06.21
ソルティさんたちは、プロになって久しぶりの休みを取ることができました。

そこで、ソルティさん、うたちゃんとけろくもはモクモクちゃんに乗って気ままなプチ旅行をすることになりました。

2106211


モクモク「ソルティさんたちは、仕事以外で僕に乗るなんて、久しぶりじゃない?」

うた「そうね。ずっとお仕事が忙しくて。」

けろくも「それだけ、プロとアマは違うっていうことだよ。」

ソルティ「お、けろくも、ずいぶん生意気なことを言うね。」

けろくも「そう?」

モクモク「そろそろこの辺でいいかな?地上へ降りるよ。」

ソルティ「そうだね、よろしく。」

モクモクちゃんが降りたところは、ソルティさんたちがまだ訪れたことがない町のようです。

モクモク「それでは、また後で迎えに来るね。」

ソルティ「どうもありがとう。よろしくね。」

モクモクちゃんは、再び大空へ飛んでいってしまいました。

うた「やっぱり、旅はいいわ。なんだかワクワクする。」

けろくも「うん。僕も。」

ソルティ「旅をしていると、色々な出会いがあるね。それが、僕の楽しみだよ。」

ソルティたちは、ゆっくりと歩き始めました。

2106212



うた「今まで旅をしている間、たくさんのフモさんたちと触れあることができたわ。」

ソルティ「そうだね。そのふれあいを通じて、僕たちは成長することができたね。」

ソルティさんたちは、楽しく会話をしながら歩いていると困った顔をしたフモさんがやってきました。

うた「あのフモさんたち、何か困っているようだわ。どうしたのかしら?」

困った顔をしたフモさんが、ソルティさんたちに声を掛けてきました。

2106213


コロ「あの・・警察の者ですが、この子が迷子になってしまって、お母さんを捜しています。この子のお母さんを知りませんか?」

ソルティ「僕等は旅をしている者で、残念ながらこの子のお母さんは知りません。」

うた「でも、困ったわね。名前とかわからないのかしら?」

コロ「私も色々訪ねてみたのですが、泣いてばかりで・・・。やっと泣き止んだので連れて歩いているのです。」

けろくも「ねぇ、ソルティ。いい考えがあるよ。」

ソルティ「何?」

けろくも「商店街に行って、僕らで呼びかけるの。どう?」

うた「うまくいくかしら?」

コロ「あれ?そう言えば・・。あなた方・・どこかで見たことがあるような・・。」

2106214


けろくも「ホワイト・ローズのソルティとうたです。」

コロ「あー、そうだったんだ。やっぱり。こんなところでお会いするなんて。」

ソルティ「それより、早くこの子のお母さんを捜さないと。」

コロ「そうだ、そうですね。この道をまっすぐ行くと商店街があるよ。」

ソルティたちは、急いで商店街へ向かいました。

さて、迷子のお母さんは見つけることができるのでしょか?



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ソルティさんたちが旅をすると、何か出来事が起きる…。なんだか水戸黄門みたいで、ワクワクします。
早く迷子のお母さんが見つかるといいですね。

コロさんに手にひかれて不安そうなフモさんを見たら、なんだか胸がじーんとしてきます。
だいじょうぶ、ソルティさんたちにまかせておけばきっとお母さんはみつかると思います。

犬のおまわりさん?でしょうか?ソルティさんとうたちゃんの協力で、お母さんが見つかるといいですね!

もんちゃんさんへ
そのうち、ご存じ・・・・!ソルティご一行!なんて
コメントを入れようかと思っています・・・なんちゃって・・(汗)

夫婦ともかっぱさんへ
フモフモさんの世界でも、迷子はあるようですね。
ソルティさんたちのがんばりが、迷子のお母さんに伝わるとよいのですが・・・

ニコニコさんへ
コロちゃんは、今までに町のためにたくさん貢献してきた優秀なお巡りさんのようです。
ソルティさんたちと力を合わせれば、迷子のおかあさんが見つかるかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。