ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラーラの秘密

2009.08.23
今日はエリート・ロックさんのコンサートにゲストとして参加する日だというのに、トラーラさんが別の仕事の用事で一日不在。

助っ人のモロボさんがホワイト・ローズのマネージャーをすることになりました。

2108231


モロボ「キョウハ、ワタシガ トラーラサンノ カワリヲ シマス。ヨロシク。」

ソルティ「よろしく!」

うた「よろしくね!」

コンサートまで少し時間が空いたので、ソルティさんとうたちゃんは控え室で休憩をすることにしました。

2108232


うた「いつもトラーラさんにお任せしていたせいか、いないと寂しいわね。」

けろくも「僕もトラーラさんに頼っていたから、今日一日不安でしょうがないよ。」

ソルティ「でも、ピンチヒッターで来てくれたモロボさんもよくやってくれているよ。」

うた「そうね。」

けろくも「ところでさぁ、ずっと思っていたことがあるんだけど・・。」

うた「どうしたの?」

けろくも「あのトラーラさんって、マネージャーとして会う前にどこかで会ったような気がする。」

2108233


うた「そう?」

ソルティ「うん。そう言えば、どこかで会ったような・・・。あ!思い出した。どこかの町で若者がみんな隣の町へ移動してしまって、町を活気づけようと一緒に歌ったことがあるよ! (2007.11.18記事参照) 」

うた「え、私は知らないわ。」

ソルティ「うたちゃんと出会う前の話しだよ。」

けろくも「確かストリートミュージシャンをしていたって言ってたね。」

うた「そうなの?」

けろくも「それにしても、どうしてタレント事務所のマネージャーをやっているのかな?ミュージシャン活動はどうしちゃったのかな?」

ソルティ「何か事情があったのかもしれないよ。」

うた「ソルティさんとけろくもちゃん、トラーラさんの歌はどんな歌を歌ったのかしら?」

けろくも「故郷想いのすばらしい曲を歌っていたよ。」

ソルティ「確か・・・『♪マシュマロ山の思い出』という曲だった・・・かな?」

うた「聞いてみたいわ。もう音楽活動はしないのかしら?」

ソルティ「うん・・・どうだろう。トラーラに会った時、どうして気がつかなかったのかなぁ。」

けろくも「忙しくても、そこまで気がつかなかったのかもね。」

トントン・・・

モロボ「ソロソロ ジカンデース。」

2108234


うた「はい、わかりました。やっと、エリートさんにお会いできるわ!」

ソルティ「楽しみだ。そうそう、今の話しはトラーラにはまだ言わないようにしよう。」

うた「わかったわ。」

けろくも「OK!」

ソルティとうたちゃんは控え室を出て、エリート・ロックさんのコンサート会場へと向かいました。

エリート・ロックさんのコンサートの模様は、ちょぴ様のブログをご覧下さい。




スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

トラーラの意外な秘密があったのですね。
ストリートミュージシャンをやめたのは一体・・・。

お忙しい中、ゲスト出演していただいてどうもありがとうございます。
一緒にライブを盛り上げてください。
トラーラさんの過去。どういう事情があったのか気になります。

トラーラさんの秘密…。気になりますね。
どんな過去があったのでしょうか?

フワフワさんへ
トラーラさんは、とても謎が多いようす。
ソルティさんは、今まで忙しく気がつかなかったようですが、トラーラさんと以前会ったことがあることを思い出したようですね。
一体どうしてしまったのでしょうか?

ちょぴさんへ
憧れのエリートさんのコンサートに呼んでいただいて、本当にありがとうございました。
今後のプロ活動として、良い経験になると思います。
トラーラさんは、過去に色々あったようですね。

ニコニコさんへ
とてもしっかりしたマネージャーさんですが、苦労をしたよです。
ソルティさんたちに話しをしてくれるといいですね。

モロボさん、絶対にミスをしない几帳面な感じがとてもかわいいです。
マシュマロ山、トラーラさんの思い出がいっぱい埋まっているステキな山なのでしょうね。
コンサートの成功を祈ってます。

Re: タイトルなし

夫婦ともかっぱさんへ

ロボットのモロボさんは、トラーラさんが別の仕事で忙しいときなどに手伝ってくれるお助けマン。
トラーラさんにも、色々と思い出があるようです。
でも、今はイキイキと仕事を楽しんでしますよ!



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。