ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの歌をもう一度・・・

2009.09.27
今日もホワイトローズは、朝からラジオ番組に出演するということでスタジオへ向かっていました。

トラーラ「今はラジオの方が多いと思うけど、そのうちテレビの出演も多くなるよ。」

うた「ラジオでもテレビでも、私たちの歌を聴いてくれるファンがいてくれるだけでうれしいわ。」

ソルティ「そうだね。とにかく、今が一番大事。これから行くラジオ番組で僕等のよさを伝えられればいいよね。」

けろくも「そろそろラジオ局に到着するよ。」

2109271


トラーラ「そうそう。今日の番組は、『あの歌をもう一度』というタイトルでソルティたちがデビュー前の曲を紹介してくれることになっているんだ。」

ソルティ「デビュー前の曲を・・・。」

うた「みんなどんな曲をリクエストしてくれるのかしら?」

ソルティ「デビュー前の曲を知っているフモさんなんて、ほんの少ししかいないよ。リクエストしてもらえるのかな?」

うた「そう言えばそうね。」

モクモク「みなさん、ラジオマシュマロに到着したよ。」

2109272


トラーラ「モクモクちゃん、ありがとう。」

モクモク「それじゃ、また迎えにくるね!」

けろくも「よろしく!」

みんなはラジオマシュマロへと向かいました。

なんと今回のラジオ番組のDJはケロゾーさんでした。

ケロゾー「ソルティ、うたちゃん、待ってたよ!」

ソルティ「おう!」

うた「ケロゾーさん、お久しぶりです。」

ケロゾー「あ、そろそろ番組がスタートするよ。準備してね。」

ケロゾー司会の番組がいよいよスタートしました。

2109273


ケロゾー「こんにちは~。ケロゾーの『あの歌をもう一度』が始まりました!今日、最初のお客様は今、一番輝いている新フモ。ホワイトローズさんです。」

ソルティ「こんにちは!」

うた「こんにちは!」

ケロゾー「早速ですが、リスナーの方よりお手紙をいただきました。」

ソルティ「ありがとうございます。」

うた「うれしいわ。どんなお手紙かしら?」

ケロゾー「それでは、ラジオネームフモッちさんからのお手紙を読みましょう。」

===

ホワイトローズさん、こんにちは。

以前、ホワイトローズさんがデビュー前に旅をしていたとのことですが、私が偶然耳にしたあたたかみ
のある春らしい歌がとても好きです。花畑の中で楽しそうに歌っているホワイトローズさんたちを見て
いたら、落ち込んでいた私はすぐに元気になりました。

ホワイトローズさんたちの曲は不思議な力があるのですね。曲のタイトルはわかりませんが、歌詞
は・・春の暖かな日差しの中 可憐な花たちが・・・♪という曲だったと思います。この曲をもう一度聴
かせて下さい。」

===

ケロゾー「いかがだったでしょうか?」

ソルティ「私もよく覚えています。」

うた「私の即興の曲。鼻歌のつもりだったのですが・・。素敵な花畑をみて作りました。」

ソルティ「とても、良い曲だったね。」

ケロゾー「うたさんの言うとおり鼻歌っぽい感じでしたが、この曲のリクエストがとても多かったですよ。」

ソルティ「ありがとうございます。それでは、曲のタイトル『花畑』を聴いて下さい。」

ソルティさんの演奏に合わせてうたちゃんが歌いました。

このあと、デビュー前のトークをして、無事にホワイトローズの出番は終わりました。

うた「デビュー前の曲も、みんなの心に残っていてくれたのね。」

ソルティ「やはり、歌にはプロもアマもないっていうことだよ。」

うた「そうね。」




スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ラジオ出演お疲れさまでした。
デビュー前の曲って、結構印象に残るものだったりしますよー。
それがもし、思い出の曲だったらいっそう、リスナーにとってココロに刻まれたことでしょう。

プロデビュー前の曲なんて、とても貴重ですね~。
リクエストをしたフモさんは生で見られたなんて、超ラッキーかも

Re: タイトルなし

フワフワさんへ

デビュー前の曲の方が良かったりするものなんですよね。
ちょっとした鼻歌がまさかこんなに反響があるとは思わなかったようですね。

Re: タイトルなし

もんちゃんさんへ

このリスナーさんは、もんちゃんのおっしゃる通りとても貴重な体験をしたみたいですね。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。