ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フモタウン劇場 白フモ姫①

2009.11.17
フモタウン劇場 第二弾はBチームによる「白フモ姫」です。

お楽しみ下さい。

======

キャスト

白フモ姫・・・メリー

王子様・・・ベリー

お后様・・・みぃ

小人1・・・かえる

小人2・・・モッキー

小人3・・・モモ

小人4・・・モッチー

家来・鏡・・・クッキー

=====

生まれたとき、きれいな雲のように白くてかわいらしかったので「白フモ姫」と名付けられた女の子がいました。

2111171


お母様は病気でなくなり、新しい継母として美しいけれど意地悪なお后がやってきました。

ある日のこと・・・

お后「鏡よ、鏡・・・。この世で一番美しい者は誰?」

鏡「心も顔も、白フモ姫が一番美しい。」

鏡の声にくやしくなったお后は家来に白フモ姫を森で殺すように言いましたが、家来は姫を森へ置き去りにして帰りました。

2111172


白フモ姫は森の動物たちに案内されて、小さな小屋へ行くと汚れた小屋をきれいにしてベットで眠ってしまいました。

そこへ、小人たちがやってきて寝ていた白フモ姫に驚きました。

小人1「誰だ?」

でも、すぐに白フモ姫と仲良くなりました。

2111173


お城のお后は、また鏡に聞きました。

お后「鏡よ、鏡・・・。世界中で一番美しいのはこの私だろう?」

鏡「小人たちのところにいる白フモ姫が一番美しい。」

お后「なにぃ~!白フモ姫は、まだ生きていたのかい~!」

姫が生きていると知ったお后は、魔法の力でおばあさんに化け、毒の入ったマシュマロで姫を殺すことにしました。

魔法使いだったお后は、森へやってきて白フモ姫にマシュマロを手渡しました。

2111201


おばあさん「これはおいしいマシュマロだよ。食べてごらん。」

白フモ姫「おばあさん、どうもありがとう。」

白フモ姫がパクッとマシュマロを食べたとたん、倒れてしまいました。

お后「ふふふ・・・。」

それを見た小人がみんなに知らせに行きました。

続く・・・



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

白フモ姫さんはメリーちゃんでしたね。
やはり、白い毛の子が選ばれたみたいですね。
次回が楽しみです!

白フモ姫始まりましたね 
リンゴじゃなくてマシュマロってとこがいいですね。続きが楽しみです

ニコニコさんへ
主役を選ぶのはとても大変だったようです。
白い毛の似合うメリーちゃんが、主役の座をゲットすることができました。
今回は、大人しいメリーちゃんもがんばって演じました。

まりもっちさんへ
リンゴではなくて、フモフモさんの大好きなマシュマロを使ったようですね。
今後の展開をお楽しみ下さい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。