ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンからの贈り物

2010.02.14
ソルティさん、うたちゃんがプロになって忙しい日々を送っていますが、ファンからの手紙や声援がとても励みになっています。

トラーラ「ソルティ、うたちゃん、今日も事務所にたくさんのファンレターが届いているよ。」

2202141


ソルティ「え、本当?」

うた「うれしい~。」

けろくも「時間があるときに、ファンレターの整理をしているんだけど、どんどんファンレターが増えているよ。」

トラーラがふと事務所の窓から外を見ると、大きなモクモクちゃんがたくさんの荷物を持ってやってきました。

2202142


トラーラ「モクモクちゃん、すごい荷物を持ってきたんだね。」

モクモク「トラーラさーん、荷物です。」

トラーラ「はーい。」

トラーラは急いで外に出て、モクモクちゃんのところへ行きました。

ソルティ「一体誰の荷物だろう?」

うた「そうね。」

そこへ、トラーラがソルティたちのいる部屋に戻ってきました。

トラーラ「ソルティ、今モクモクちゃんが持ってきてくれた荷物だけど、半分はケロゾーだけど半分はソルティのものだよ。」

ソルティ「僕の?」

2202143


けろくも「ソルティ、何か買い物でもしたの?」

うた「それにしては、すごい量ねぇ。」

トラーラ「今日は何の日か知っている?」

うた「あ、わかったわ。」

ソルティ「何だろう?」

けろくも「あー、僕もわかったよ。」

ソルティ「みんなして何だよぉ。何か教えてよ。」

うた「実はね、私も用意しておいたの。」

ソルティ「?」

うた「今日はバレンタインデーよ。だから、きっとソルティさんのファンからたくさんのプレゼントが届いたんだわ。」

うたちゃんは、ソルティ、けろくも、トラーラに手作りのチョコレートを渡しました。

2202144


ソルティ「え・・・。あ、ありがとう。それにしても、あんなにたくさん・・。どうしよう。」

けろくも「食べ物だったら僕が食べてあげるよ。」

トラーラ「とにかく、せっかくのファンからのプレゼントだから、整理しよう。けろくもちゃんも手伝ってくれる?」

けろくも「もちろん!」

トラーラ「次の仕事まで少し時間があるから、ソルティ、うたちゃんも手伝ってね。」

うた「よろこんでお手伝いさせてもらうわ。」

ソルティ「なんだかピンとこないなぁ。」

みんなでソルティ宛に届いたプレゼントを整理することになりました。





スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。