ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と☆とモクモクと・・・

2010.03.14
今日は今までホワイト・ローズが歌った曲をベストアルバムとして出すことになり、オマケ特典として、ソルティ作曲、うたちゃん作詞で特別に1曲入れることになりました。

トラーラ「プロになってから君たちの作詞・作曲で歌を出していなかったね。」


2203141


ソルティ「僕らが自分たちの作った曲を出そうとしたら、それはまだ早いと言われちゃったからね。」

トラーラ「確かに僕は君たちにそう言ったね。今回のは、あくまでもベストアルバムの特典でメジャーで売り出すつもりはないよ。」

けろくも「どうしてそんなことをするの?」

トラーラ「ベストアルバムの特典があるだけでも、買う側の興味を引くでしょ?更に・・ホワイトローズの作詞・作曲となればそれ以上に興味を引くことになる。」

けろくも「なるほど・・。」

ソルティ「やっぱりプロとなると、商売っ気たっぷりだなぁ。」

うた「複雑な心境だわ。」

トラーラ「そういうところが、プロとアマの違う所なんだ。早速だけどソルティの作曲、うたちゃんの作詞はできたかな?」

ソルティ「なんとかできましたよ。」

うた「久しぶりに私たちの曲が作れるので、一生懸命がんばりました。」

トラーラ「よかったら、今、聴かせてもらってもいいかな?」

ソルティ「昨日、僕が作った曲とうたちゃんが作った詞を合わせたばかりだけど、それでよければ聴いてみて下さい。」

うた「タイトルは『月と☆とモクモクと・・・』です。聴いて下さい。」

トラーラとけろくもは拍手をしました。

ソルティの美しい夜空を思わせるような前奏が始まり、うたちゃんが歌い始めました。

2203142




======

♪美しい夜空  美しい月 美しい星・・・・
そして 私たちの友達  モクモク♪

======

美しい夜空と友達のモクモクちゃんを表現したこの曲は、トラーラさんやけろくもの心にとても響きました。

トラーラ「とても良い曲だね。何だか、心がふんわりしてきたような気持ちになってきたよ。」

けろくも「うん。僕も。」

ソルティ「よかった。」

うた「そう言ってもらえるとうれしいわ。」

2203143


トラーラ「この曲を音楽プロデューサーに聴いてもらって、OKが出たらレコーディングだ。」

ソルティ「僕たち、この曲にとても自信を持っています。」

トラーラ「僕はこれから音楽プロデューサーのところへ行くから、ホワイトローズとけろくもは先に次の仕事に行っていてね。」

みんな「はい。」

ソルティとうたちゃんは、自分たちの歌が出せるということで、うれしい気持ちでいっぱいでした。






スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。