ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フモタウン劇場 フモの恩返し1

2010.11.16
今回から4回にわたり、フモタウン劇場をお楽しみ下さい。

第1弾として『フモの恩返し』を掲載します。

―――――――――――

キャスト

若者 フモ次・・・かっぱ

娘・・・モカ

若者の母・・・メリー

お殿様・・・ベリー

ツル・・・コッコ

――――――――

むかし、むかしあるところにフモ次という貧しい若者がいました。

フモ次は、年老いた母親と暮らしていました。

221161



ある時、山の中で罠にかかったツルを見つけました。

フモ次「おお、かわいそうに・・。」

フモ次はツルのワナをはずして逃がしてやりました。

2211162


それから数日後、とても寒い夜のことでした。

誰かがトントンと戸を叩いています。

フモ次「何だろう?こんな時間に・・。」

母「そうだねぇ。」

フモ次が不思議に思って戸をあけてみることにしました。

すると、外に驚くほど美しい娘が立っています。

娘は美しい声で言いました。

娘「道に迷ってしまいました。どうか一晩泊めてください。」

ふも次は驚きましたが、快く泊めてあげることにしました。

次の日、突然娘が言いました。

娘「私をあなたのお嫁さんにして下さい。」

フモ次はまたびっくりです。

フモ次「ちょっと待ってよ。私は毎日食べるものがないほど、貧しいのですよ。お嫁さんをもらうなんて無理です。」

それでも娘は言いました。

娘「それでもいいです。お嫁さんにして下さい。」

といって聞き入れません。

母「それほど言うのなら、お嫁さんにしてあげなさい。」

2211163

それから、フモ次と娘はとても幸せな日が続きました。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。