ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいクリスマス

2010.12.24
今年のクリスマスは『タ・ベール』のみんなで行うことになりました。

しま「今日はクリスマスケーキの売り上げが一番多かったです。みんな、忙しかったと思うけど、疲れていないかな?」

かっぱ「大丈夫でーす!」

クッキー「それよりも、お腹が空いた!」

しま「お店も閉めたし、今日はこれからゆっくりクリスマスパーティでもしようか!」

ブラウン「それにしても、毎年この店はこんなにお客さんが来ているの?」

モッキー「そうなんだ。だから、僕らはこの日が戦いの日だと思っているんだよ。」

2212241


ブラウン「しまも立派になったなぁ。」

しま「ブラウンだって、店があった頃にはテレビや雑誌でよく見かけたよ。」

ブラウン「そうだったかなぁ。」

かっぱ「ねぇ、クリスマスケーキのロウソクがそろそろ終わりそうだよ。」

しま「あ、本当だね。それじゃ、みんなでロウソクの火でも消そうか・・・。」

2212242


みんなは「メリークリスマス!」と言った後にロウソクの火を消し、拍手をしました。

今回は用意したクリスマスケーキはブラウンさんが作ったものでした。

しま「このケーキはブラウンさんが作ったものだよ。」

クッキー「おいしいよ。」

モッキー「うん。僕もこの味は好きだよ。」

かっぱ「ブラウンさん、さすがだね。しまちゃんの味に少し似ていると思うよ。」

かえる「そういえばそうだね。」

そこへ、トントンという音が聞こえてきました。

かえる「もう閉店しているのに、何の用だろう?」

かっぱ「そうだねぇ。とりあえず、ドアを開けてみよう。」

かっぱちゃんが、店の扉を開けるとトナモさんが立っていました。

2212243


トナモ「メリークリスマス!」

みんな「メリークリスマス!」

しま「トナモさん、どうしたの?」

トナモ「どうしても、みんなに逢いたくて・・。他のフモタウン商店街のみんなに今、会ってきたところ。」

しま「トナモさん、時間があったら少しここて休んでいきませんか?」

トナモ「ありがとうございます。でも、まだまだプレゼントを届けにいかなくてはいけないのです。みなさんにプレゼントを渡したら次の町にいかなくては・・・。」

しま「そうか・・・。残念だけど、またゆっくり遊びに来てね。」

トナモ「ありがとうございます。では、ここのプレゼントを置いていくので・・。」

みんな「ありがとう!」

トナモさんはプレゼントを置いてすぐ、冬の夜空へと消えていきました。

そして、みんなはトナモが消えた夜空をしばらく見つめていました。

2212244


しま「また来年もみんなでクリスマスが過ごせますように・・・。」



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。