ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土から何かが…

2008.03.09
ソルティさん、けろくも、くもちゃんが再び旅を再開しました。

みんなで歩きながら楽しくおしゃべり。
話しの途中で何かが聞こえてきました。

ソルティ「次の町はどんな町かな?」

けろくも「ワクワクするね。」

謎の声「僕はワクワクしないな~。」

ソルティ「ん?誰?ヘンなことを言うのは?」

くも「僕じゃないよ。」

2003091



けろくも「それじゃ誰がそんなことを言うのかな?」

謎の声「ふぅ、やっと仕事が終わった。。。」

ソルティ「仕事?」

謎の声「イテテテテ!!踏まないでよぉ!」

けろくも「あー。ソルティ、誰か踏みつけているよ。」

ソルティ「そう言えば・・・何かを踏みつけているような。。」

謎の声「サングラスだけははずさないで!僕、気絶しちゃうよぉ~。」


2003092



けろくも「ごめんね。さっきの声の正体はキミだったんだ。」

謎の声「うん。楽しそうな話をしているから、参加したいなと思ったんだ。何か変わったことを言えば気がついてくれるかなって・・」

けろくも「キミは?」

もぐぐ「僕はもぐぐっていうんだ。今、トンネル工事をしていて、やっと仕事を終わらせて休憩をしようとしていたところなんだ。」

ソルティ「トンネル?」

もぐぐ「土の中には僕らが生活するためのトンネルがたくさんあるんだ。今、また新しいトンネルを作っていて忙しいんだ。」

けろくも「もぐぐは土から出られないの?」

もぐぐ「そう。土から出るときはサングラスをかけないと気絶してしまうんだ。」

ソルティ「なるほどぉ。がんばってね。」

もぐぐ「あ、そろそろ次の仕事をしなくちゃ。それじゃ!」

2003093



もぐぐは土の中にもぐっていきました。

くも「また一つ新しい出会いがあったね。」

ソルティ「うん。彼を題材にした曲ができたらいいのになぁ。」

けろくも「いいねぇ。次の町に着くころにはできているといいね。」

ソルティ「よーし!がんばって作るぞ!」

ソルティたちは、次の町へとまた歩き出しました。


スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

もぐぐちゃん、また応援したくなる子が出てきました、出会った人たちとの会話が、ソルティさんの作品つくりのどこかに生かされて、それがいい音楽を生み出すことになるのでしょうね。
次の町はどこかな、とても楽しみです。

もぐぐちゃんのサングラス可愛いね。

夫婦ともかっぱさんへ
もぐぐちゃんは春のつくしのようにひょっこりと顔を出しました。
運悪くソルティさんに踏まれてしまいましたが、
ソルティさんももぐぐもお友達になることができました。
また、どこかで会えるといいですね。

まりもっちさんへ
実はこのサングラスは娘の愛用品です。。
すっかりもぐぐに取られてしまいました。

もぐぐさんは、働き者のようですね。
ところで、なぜけろーにょ歌姫が後ろに立っているのか謎なんですけど...。

あ、本当だ!歌姫ですね。
何故ここに?
何かありそうですね。

ちょぴさんへ
さすがちょぴさん!!!
歌姫の存在にお気づきのようですね。
これには深い訳があるようですよ。。。

ニコニコさんへ
ニコニコさんも歌姫に気づかれたようですね!!
どうやらソルティさんたちは歌姫の存在に気づいていないようです。
その謎は今後明らかに。。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。