ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルティさんの初ステージ

2007.11.25
ソルティさんとトラーラさんは大きな建物のところにやってきました。

------------------

ソルティ「ここは?」

トラーラ「ここは、公園だよ。この町のみんなが憩いの場として利用しているところだよ。」

けろくも「すごい建物だね。」

トラーラ「ここで、プチコンサートをやろうよ。」

ソルティ「え?ここで?」

初ステージ?


ソルティさんとトラーラさんは階段を登りました。

ソルティ「結構高いね。。」

トラーラ「さぁ、始めよう。ソルティさん、バラードでお願いね。」

ソルティ「う、うん。。ってだれも、お客さんがいないよ。」

トラーラ「大丈夫。演奏が始まればみんな集まってくるよ。」

初ステージ2


ソルティさんは、バラードの演奏を始めました。
ソルティさんの演奏に合わせてトラーラさんが歌を歌い始めました。
曲名は「マシュマロ山の思い出」という曲です。
トラーラさんが作った故郷の思い出を綴った歌で、ちょっとしんみりする曲でした。

初ステージ3


しばらくすると、お客さんが増え始めました。

けろくも「あ、お客さんが増えてきた!」

「マシュマロ山の思い出」という曲が終わり、トラーラさんからメッセージがありました。

トラーラ「今日は、ソルティさんの演奏で歌わせてもらいました。この町から若者がどんどん減っていくのを見ているととても寂しくなってきました。この曲は、故郷を思う曲です。今までのような活気を取り戻したいと思い歌わせてもらいました。」

お客さんから、涙をすする声がしてきました。

初ステージ4


プチコンサートも無事に終わり、そろそろソルティさんとお別れの時がやってきました。

トラーラ「今日は本当にありがとう。なんてお礼を言ったらいいのか。。」

ソルティ「お礼だなんて。この町に活気が取り戻せるといいね。」

トラーラ「うん。僕の気持ちとしては、ソルティさんにこのままこの町にいて欲しいんだけど。」

ソルティ「僕はまだまだ未熟者。これから、たくさんの旅をして音楽だけではなく色々なことを学びたいんだ。」

トラーラ「残念だなぁ。。。でも、いつかきっとソルティさんが大きな舞台に立てるときが来ると思うよ。楽しみにしているね。」

けろくも「さぁ、出発しよう。」

ソルティ「うん。それじゃ!」

トラーラ「さようなら~。」

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

トラーラさんの願いが通じるといいですね。
「マシュマロ山の思い出」という曲、聞いてみたいです!

トラーラさんとはここでお別れですね。
でもまたいつか会えると信じてます。
そのときは、ソルティさんもトラーラさんも、きっと今より大きくなって再会できますね。でも、今の気持ちを忘れずにいてくださいね。

ソルティさんの音楽の力で、トラーラさんの思いをみんなに伝えることができましたね。
この曲が心に響いて、トラーラさんの願いがかなうといいのですが。
さて、次はどんな出会いが待っているのでしょうか。
楽しみですね。

ニコニコさんへ
トラーラさん作詞の「マシュマロ山の思い出」という曲は、故郷を思うトラーラさんが一生懸命作った歌です。
ソルティさんとのコラボで即興で作った曲で、幻の曲となりそうです。
いつか、トラーラさんと再会したときに歌が聴けるといいですね。

夫婦ともかっぱさんへ
偶然であったトラーラさんとの出会い。
音楽を通じて知り合えて良かったですね。
でも、今回はお別れすることになってしまいましたがいつかきっと会える日がくるといいですね。

ちょぴさんへ
トラーラさんが故郷を思う気持ちが、きっと伝わったと思います。
時間はかかると思いますが、トラーラさんの住む町は活気を取り戻すと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。